さっぽろトラベル - 札幌をたのしむ、札幌とくらす -

日常をちょっと楽しくするブログ

北海道の春、ライラックに酔う「さっぽろライラックまつり」

寒い冬が終わり、陽射しに暖かさを感じ始めると、北海道の人々は春の訪れを実感します。

その春の到来を告げる花として、ライラックが愛されています。

芳香に包まれた濃い紫色の花は、北国の春を象徴する存在なのです。

 

紫色のライラック

綺麗な紫のライラック

ライラックの歴史

ライラックは明治時代に我が国に渡来し、全国に広まっていきました。

札幌のライラックは、北星学園の創設者サラ・クララ・スミス女史がアメリカからもたらしたものが起源とされています。

昭和35年、札幌市の人口50万人突破と、ポートランド市との姉妹都市提携を記念して、札幌にふさわしい花(スズラン)、木(ライラック)、鳥(カッコウ)が選ばれました。

 

ピンク色のライラック

ピンクのライラックは高く澄み渡った空と相性が良い

ライラックの森

札幌の代表的なライラックの名所は、川下公園にあるライラックの森です。

ライラックは、アメリカ・カナダ・ヨーロッパでは主要花木の一つでしたが、日本では品種の導入が遅れまとまった品種のコレクションはありませんでした。
そこで、ライラックを市木とする札幌市は、札幌の冷涼な気候に適したライラックのすばらしさを広く市民や多くの人に楽しんでもらう場所としてライラック園の造成を行いました。
早咲きは5月中旬から咲き始め、遅咲きが終花する7月上旬までの約1ヶ月半の間におおよそ200種類のライラックの花が次々に咲き、公園中にリラの香りを漂わせます。

それぞれのライラックに名盤を立てており、品種名や作出者、国等が一目で分かります。

 

日本最古のライラック

日本最古のライラック

ライラック祭り

1959年(昭和34年)に文化人の呼びかけで「ライラックまつり」が始まり、毎年5月下旬に川下公園や大通公園などの会場で開催されるようになりました。

札幌に初夏の訪れを告げる市民に定着したおまつりとなり、札幌を代表する春のイベントへと成長しています。

 

ライラックと祭り

ライラックに人々が集まる

ライラックの花言葉

ライラックには「友情」「思い出」「謙虚」「純潔」という、人間関係の深い絆や心の純粋さを象徴する花言葉があります。

また、「思い出」の花言葉は、過去の美しい瞬間や大切な人への想いを物語っています

 

さっぽろテレビ塔とライラック

さっぽろテレビ塔とライラック

 

北海道の春は短くはかないもの。

 

だからこそ、期間限定のライラックの芳香に包まれる時間は尚更貴重です。

ライラックまつりを訪れ、ライラックが咲き乱れる様子を堪能してみませんか。

短い春の訪れを、色とりどりのライラックと共に満喫できる札幌は、花の香りと美しさが極まった季節なのです。

 

街並みとライラック

ライラックが咲くと街並みが明るく見える

 

www.sapporo.travel

 

自然との共存を象徴する北海道の全天候対応野球場:エスコンフィールドHOKKAIDO

2023年、北海道でもっとも話題になり、人の集まった場所の一つであろうエスコンフィールドHOKKAIDOを含む、北海道ボールパークFビレッジ。

 

閉会式の屋根、丁寧に手入れされた野球専用の天然芝、野球を見るために考えられた座席。

イベントも盛んで、野球シーズンに限らず老若男女、誰もが楽しめ、野球好きだけに限らず、訪れた人が素晴らしい時間を過ごすことが出来る。

また、周辺施設への経済効果も大きく、北広島の発展が見込まれており、世界に自慢できる場所が2023年、北海道に出来た。

全天候に対応した天然芝の野球場

北海道の魅力の一つでもある、大自然との共存。

それを象徴するように、綺麗に澄んだ空気と一体化するような野球場はまさに北海道だからこそ出来た野球場ではないだろうか。

綺麗な緑の芝生と、力強い球場の大きさを目にしながら、空と雲を見上げて深呼吸すると、とても気持ちが良い。

エスコンフィールドHOKKAIDOの屋根が解放された写真

この日は屋根が解放されてとても気持ちよかった

北海道ボールパークFビレッジのレフトスタンドからの写真

レフトスタンドから

外野からは大きなスクリーンと開閉式の屋根が目につく。

北海道の大きさを象徴するような大きさで、エスコンフィールドHOKKAIDOを含む北海道ボールパークFビレッジの大きさを物語っている。

また、外野後ろには豊富な飲食店がある「七つ星横丁」。

試合日以外にも土日祝日も営業していて、休日の有力なお出かけ先になりそう。

大切な「11」を持つTOWER11

さらには、宿泊やサウナもできるTOWER11。

世界で初めて、球場内に温泉が出来た。そして、サウナも。

「ととのえテラスシート」を予約すれば、試合観戦もできる。

水着を着用し、サウナに入り、オリジナルビールを味わい、野球を観戦する。

貴重な体験ができる場所になっている。

tower eleven onsen & saunaのととのえテラスから

ととのえテラスは水着着用ゾーン

TOWER11を降りていくと、エスコンフィールドHOKKAIDOを本拠地とするファイターズの代表的OBである、ダルビッシュ有選手、大谷翔平選手が描かれた壁画は圧巻で。記念撮影スポットになっている。

日本を飛び出し、世界で活躍する2選手。

彼らのパワーを少し分けて貰って、自分もなんだか頑張れそうな気持ちになる。

TOWER 11の壁画

最高の写真撮影スポット

自然と共存し自分らしく

球場を後にする時、後ろを振り返ると近代的な構造物だったんだと気付く。

主張しすぎず、しっかりと自分らしさを主張するその姿に、自分らしく振る舞い時間を過ごすことの大切さを教えて貰った気がする。

エスコンフィールドHOKKAIDOの外見

野球場とは思えない圧巻の外見

大きなチームロゴに再会を約束し、また日常に戻っていく。

エスコンフィールドHOKKAIDO前のロゴ

バスを降りると迫力のロゴ

さっぽろテレビ塔で夕陽を見ながらひと休憩

札幌のシンボルの一つ、さっぽろテレビ塔。

ビアガーデンや展望台、ライトアップとさまざまなイベントで楽しませてくれます。

500円で静かに過ごせる空間

意外と知られていないのが、2階のワンコイン自習室。

500円で2時間、普段はレンタルホールとして貸し出されている場所。

Wi-Fiと電源も完備。

大通り周辺で静かに時間を過ごせて、体力も電源もチャージさせてくれる貴重な場所。

夕暮れの大通公園

テレビ塔からしか見ることが出来ない大通公園

さっぽろテレビ塔から始める札幌観光

さっぽろテレビ塔は札幌の中心。住所は札幌市中央区大通西1丁目。

直接地下街と繋がっていて、地下鉄にすぐ乗れる。

そして目の前にはバス停も。

さっぽろテレビ塔を眺めながら「今日はどこに行って、何を観よう。」なんて考えて、無計画に1日を始めるのも贅沢かも。

テレビ塔を見上げる写真

札幌の中心点にあるテレビ塔

役目を終えたテレビ塔?

1957年(昭和32年)に完成してから、札幌の変遷を見守ってきたさっぽろテレビ塔。

テレビ放送開始を目的に建設され、今はFMの中継施設およびNHKの予備送信所としての役割に変わっています。

役割が変わっても人々に愛される。素敵なことですね。

テレビ塔と札幌の街並み

成長する札幌の街と古き良きテレビ塔

名古屋テレビ塔と兄弟

「公園にテレビ塔」と言えば、愛知県の久屋大通にも、名古屋テレビ塔があります。

さっぽろテレビ塔も名古屋テレビ塔も、同じ建築士が設計しました。

大通の地形が似ていることに注目して公園内に建築したそうです。

兄弟揃っていつまでもシンボルでいて欲しいですね。

テレビ塔を下から見上げた写真

綺麗な左右対称で空へ向かっているテレビ塔

進化する大通公園、歴史を重ねるさっぽろテレビ塔

近年、公園の再開発が全国で進んでいます。

有名なのは、東京渋谷の宮下公園。

再開発前は、少し薄暗くて活気を感じることは少なかったように思いますが、今では東京・渋谷を代表する観光スポットに。

札幌の大通公園も歴史ある公園ですが、時代の流れに合わせて再開発が計画されている様子。

今以上に愛される公園になることを願います。

さっぽろテレビ塔には、その横でどっしりと歴史を重ね、いつまでも札幌の街を見守っていて欲しい。

ビルのガラスに反射するテレビ塔

背の高い建造物が増え、少しずつ遠くから見えにくくなっている

さっぽろテレビ塔